So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

<SFCG>偽契約書で資産の有償譲渡装う(毎日新聞)

 経営破綻(はたん)した商工ローン大手「SFCG」(旧商工ファンド、破産手続き中)による資産隠し事件で、元社長の大島健伸容疑者(62)らが実際には資産を親族会社に無償譲渡したにもかかわらず、契約書などを偽造して破綻4日前に法務局に登記し、別の親族会社を通じて有償譲渡したように見せかけていたことが警視庁捜査2課の調べで分かった。捜査2課は、二重三重の偽装工作で資産を流出させ、破産管財人や警察の追及をかわそうとしたとみている。【酒井祥宏、川崎桂吾】

 大島容疑者らはSFCGが民事再生法の適用を申請する2カ月前の08年12月26日、簿価で約418億円の資産を親族会社「白虎」(大阪府箕面市)に無償譲渡して資産を隠したとして、民事再生法違反(詐欺再生)容疑などで逮捕された。

 捜査幹部によると、大島容疑者らはこの不正な債権譲渡を隠ぺいするために、SFCGから親族会社「IOMA REAL ESTATE(IRE)」(箕面市)に約130億円で債権を有償譲渡した後、IREから白虎に転売されたように偽装。取引の時期も同11月上旬〜12月上旬と偽り、09年2月19日に法務局に債権譲渡登記をしていた。民事再生手続きは同23日だった。

 大島容疑者らは虚偽登記を正当化するために、複数の契約書を偽造したうえで、社内の稟議(りんぎ)書も書き換えたという。さらに、IREから譲渡代金の一部が支払われたように見せかけるため、関係のない別の資金移動による約55億円の現金振り込み記録を、この際の有償譲渡の証拠として破産管財人に示していた。白虎の設立は資産が無償譲渡される18日前の08年12月8日だった。捜査2課は資産を隠す受け皿として白虎が作られたとみている。

 捜査2課は虚偽登記について、大島容疑者らを電磁的公正証書原本不実記録・同供用容疑で逮捕している。

 SFCG関係者によると、破綻を避けられないと判断した大島容疑者らが、経営悪化以前の正当な取引を装うために一連の偽装工作を実行したとみられ、工作は民事再生手続き後も続けられていたという。関係者は「破産管財人から取引の不透明さを追及される度に、元社長側から都合のいい契約書や記録が『新たに見つかった』と提出されてきた。書類には偽造された形跡があった」と指摘する。

【関連ニュース】
SFCG:元社長、長男ら3人に資産隠しを指示
SFCG:資金流出先、実体なし 受け皿目的に設立か
SFCG:元社長ら4人逮捕 資金流出の疑い 警視庁
SFCG:元社長ら任意同行、逮捕へ 資金流出の疑い
SFCG:元社長ら本格捜査へ 資産流出の疑い…警視庁

アスベスト被害で元従業員が造船会社を提訴(産経新聞)
14年度が最多の5割超=消費税引き上げ時期―民間予測(時事通信)
<荒井戦略相>事務所費問題 菅首相「進退問題に発展せず」(毎日新聞)
リコール ブラザー工業が家庭用ミシン30万台 (毎日新聞)
警察官引きずり 容疑の男女逮捕 大阪・西成(産経新聞)

野良猫餌付け 癒やしか迷惑か…地域の共生でトラブル回避(毎日新聞)

 野良猫への餌付けは禁止、ふん尿で迷惑をかけた近所の人には慰謝料約200万円−−。近くの猫に餌をやっていた将棋の元名人・加藤一二三さんが5月、東京地裁立川支部でそんな判決を受けた。餌付けが愛猫家のエゴと言われないために、どうすればいいのか。【山本紀子、池田知広】

【関連記事】野良猫餌付け:将棋の加藤九段に中止などを命じる判決

 加藤さんは控訴を断念し敗訴したが、判決については「外で暮らす猫の問題は、皆で支え合っていくというすう勢にあることを認めている」などと評価。「(集合住宅の)敷地外で餌やりを続ける」としている。

 近くの80代女性は「判決後は近所での餌付けは、ぱったりやんだ」と話すが、自宅には見知らぬ人から「猫をいじめないで」と電話がかかってきたという。「私たちはふん尿のにおいに悩まされていただけだったんです」。猫に悩む人たちと愛猫家との溝は深い。

 猫の餌付けトラブルは各地で深刻化している。08年には川崎市と東京都足立区で、09年には千葉県船橋市で殺人事件まで起きた。日本動物愛護協会事務局長の吉野功さんは「猫問題は人口の密集した都市部で顕在化しやすい。餌やりは自由だが、敷地管理者の了解を得たり、生まれる子猫をどうするかなどの対応が必要」と指摘する。

 横浜市磯子区の安達節子さん(55)は、餌やりを始めて10年。毎晩外に出るとなじみの猫数匹が寄ってくる。「いやなことがあっても忘れてしまう」という癒やしのひと時だ。

 食べ残しの餌やふんは始末し、猫には必ず不妊・去勢手術を施す。近所に20匹いた猫は、自然に7匹に減った。一緒に餌をやる森谷美恵子さん(54)は「地域の人とコミュニケーションをとるのが最も大切。町会には猫ボランティアの活動を説明し、防災訓練や公園清掃には参加する」。

 磯子区は99年、全国に先駆け、人と猫とが共生するための「猫の飼育ガイドライン」をまとめた。安達さんらも含め27のボランティアグループが餌付けしている。ガイドライン推進協議会事務局長の獣医、坂田充古(みつこ)さんは「グループが活動する場所で猫は増えていない」と話す。

 カギは不妊・去勢手術。猫は年30匹以上を産むとされ、手術には協議会から助成金が出る。原資は賛同者が払う年会費1000円で、猫に困る人たちも入会して負担している。

 環境省によると、さいたま市や相模原市など約150の自治体に同様の助成制度がある。全国の猫の殺処分数も、約30万匹(96年度)から約19万匹(08年度)に減っている。

 野犬に関しては、狂犬病予防法などに基づき保健所や動物愛護センターが捕獲・処分する場合があるが、野良猫は、明らかに遺棄されたものや飼い主が引き取りを求めたものなど以外は処分の対象になっておらず、放し飼いされた飼い猫との区別も難しい。

 上野動物園元園長の中川志郎さんは「餌を与えるなら繁殖のコントロールは必須で、餌付けする人は、猫嫌いの人と折り合う努力が求められる」と話した。共生は、まずは人間から、のようだ。

【関連ニュース】
<関連記事>加藤一二三氏:控訴断念 猫の餌付け中止など受け入れ
<関連記事>世界の雑記帳:ブラジル南部に捨て犬や捨て猫の「スラム街」
<かわいい猫や犬の写真がいっぱい>毎日わんにゃんパーク
<関連記事>どうぶつナビ:ハトにエサをやってはだめなの?
<関連記事>犬が教えてくれたこと:ペットブームの残酷

<常用漢字>196字追加 文化審が答申(毎日新聞)
塩川氏「政治知ってる」 上杉氏「開かれた政治に期待」 菅新首相誕生 (産経新聞)
女性検察官、公判に遅刻=4月にも口頭注意―奈良(時事通信)
郵政法案、今国会で成立期す=会期延長「新体制で議論」―新首相(時事通信)
朝の地下鉄御堂筋線が一時運休4万人影響 大阪、駅で人身事故(産経新聞)

副都心線・東新宿駅で保安装置故障 5300人に影響(産経新聞)

酒の安売り、飲み放題の規制強化へ…WHO指針(読売新聞)

 【ジュネーブ=平本秀樹】世界保健機関(WHO)年次総会は20日、酒の広告、安売り、飲み放題などの規制を加盟国に促す初の指針「アルコールの有害な使用を減らすための世界戦略」を全会一致で採択した。

 指針は、飲酒運転の取り締まり強化のほか、酒のディスカウント販売、飲み放題制、青少年を対象にしたイベントでの販売促進の規制や禁止、新聞・テレビなどの広告規制など、酒が社会に与える悪影響を減らすための具体的な方策を例示している。

 2003年のWHO総会で採択された「たばこ規制枠組み条約」のような国際条約と違い、拘束力はない。ただ、タイでは今年に入って政府がアルコール飲料のラベルに飲酒の害を訴える警告文などの表示を義務付ける方針を打ち出したほか、日本でも昨年末にビール会社がテレビCMを放映しない時間帯を今秋から拡大することを決めるなど、世界各国で指針案採択を見越した動きがすでに始まっており、今後こうした流れはさらに加速しそうだ。

 指針案を策定した1月のWHO執行理事会では、規制強化を目指す北欧諸国と、国内酒造業への影響などを懸念し、規制に消極的なメキシコ、米、キューバなどが対立、文言を修正した経緯がある。この日の審議では、メキシコやキューバも指針案への支持を表明した。

中国むさぼる…日本のペットボトルのリサイクル高騰、壊滅の恐れ(産経新聞)
石川議員を午後にも聴取へ 小沢氏の共謀立証可否を確認 陸山会事件で特捜部(産経新聞)
<小沢幹事長>政倫審公開「どちらでも」 証人喚問は否定(毎日新聞)
中期目標、福祉事業の売上高倍増―日本医療事務センター(医療介護CBニュース)
<JR旅客>6社が夏の臨時列車運行計画 本数は抑え気味(毎日新聞)

淀川堤防ポリ袋遺体、大阪・豊能の36歳女性と判明(産経新聞)

 大阪府高槻市の淀川堤防でポリ袋に入った女性の遺体が見つかった事件で、府警高槻署捜査本部は11日、遺体の身元は大阪府豊能町希望ケ丘、職業不詳、宇野津由子さん(36)と判明したと発表した。

[フォト]いつもの散歩道「マネキンかと…」 大阪・ポリ袋に女性遺体

 捜査本部によると、宇野さんは4月20日ごろに家族と同居していた自宅を出た。28日ごろからは電話でも連絡が取れなくなり、家族が今月10日午後、府警に届け出た。家族は「事件について知らない」と話したという。府警は行方不明になった経緯について家族らから詳しく事情を聴く。

 遺体は4月29日午後5時ごろ、高槻市東上牧の淀川沿いの堤防斜面で、ポリ袋に詰められた状態で見つかった。府警の司法解剖で死因は首を絞められたことによる窒息死と判明。現場の状況から、宇野さんの遺体は28日夜、堤防の上の車道付近から投げ捨てられたとみている。

【関連記事】
大阪・淀川の堤防に変死体
高槻の死体遺棄事件 車道から投げ捨てか
淀川堤防のポリ袋に女性絞殺体 大阪・高槻
死体遺棄、殺人容疑も視野に 元夫、複雑な生活遍歴 静岡・御殿場
自宅で生後数日の乳児殺害、容疑の母再逮捕
少子化を止めろ!

高松塚古墳 「飛鳥美人」など公開(毎日新聞)
恒久減税実現に意欲=議会解散へ署名受任者集め順調−河村名古屋市長(時事通信)
ひこにゃん 商標使用は有償に…滋賀・彦根市(毎日新聞)
米企業がiPS細胞のライセンスを取得(産経新聞)
堺の虐待死「腹にひざをのせて圧迫」 男を起訴(産経新聞)

ホームレス支援施設が開所へ=地域も応援「きずな回復したい」−福岡(時事通信)

 ホームレスの自立を支援する拠点施設「抱樸(ほうぼく)館福岡」が5月1日、福岡市東区に開所する。運営に協力する特定非営利活動法人(NPO法人)北九州ホームレス支援機構(北九州市)理事長の奥田知志牧師(46)は「地域の理解と応援を得た全国でほとんど例のない施設。人間関係から疎外されている人を支えるきずなを回復していきたい」と話している。
 施設は、社会福祉法人グリーンコープ(福岡市)が事業主体となり、同機構の全面協力を得て運営。定員は81人で、すべて個室(うち女性用6室)だ。
 入所期間中は3カ月以内の就職決定を目指し、面接指導などの自立支援プログラム、債務整理の基礎知識などの各種セミナーを受講できる。入居費は3食付き受講料込みの9万1000円で、生活保護費から支払ってもらう。
 スタッフは生活相談員や調理員など約18人。4月下旬には住民が開所祝いに桜の苗木を贈呈、職員と一緒に敷地内に植えた。
 奥田さんは「地域の方々は『困窮者のふるさとに』と受け入れてくれた。自立することを視野に入れて、国や地元自治体などとも連携していきたい」と話している。 

【関連ニュース】
向精神薬をネット転売、男追送検=生活保護受給者に入手依頼か
生活保護受給者に薬物入手依頼か=ネット転売、立件へ
省内業務を縮小・中断=強毒型インフル発生時で人員計画
生活保護受給者、自殺率2倍=精神疾患が影響か
背後に覚せい剤国際密輸網=赤野死刑囚、判決に不満も

<事業仕分け>ロック歌手の内田裕也さん 抗議の紙を掲げる(毎日新聞)
遺体発見直前にクラクション…茨城・女性殺人(読売新聞)
阿久根市、元係長に給与支払わず…判決無視(読売新聞)
学力テスト 抽出方式、募る不満 「大切な指標なのに…」「地方に負担押しつけ」(産経新聞)
くりぃむ上田の誕生日が暗証番号だった ファン仲間から預金引き出した男逮捕(スポーツ報知)

カーネーション 新品種名は「花恋ルージュ」、病気に強く(毎日新聞)

 細菌に強い新しい品種のカーネーションを、農業・食品産業技術総合研究機構「花(か)き研究所」(茨城県つくば市)が開発し、「花恋(かれん)ルージュ」と名付けた。病気に負けない「枯れん」と「可憐(かれん)さ」をかけ、誰からも愛される花に、との願いが込められている。

 カーネーションには「萎凋(いしゅう)細菌病」と呼ばれる病気がある。発生すると数百本以上がまとまって枯れるため、園芸農家の悩みの種になっていた。

 研究所は90年ごろ、野生のカーネーションの一種がこの病気にかからないことを見つけた。しかし花が直径1〜2センチと小さく、園芸には向かなかった。

 そこで、この野生種を園芸用の美しい品種と交配、5世代約20年をかけて深紅の「花恋ルージュ」を作った。細菌を根につけて試すと、他の品種は87〜97%が発病したが、花恋の発病率は約7%だった。

 新品種は来年、種苗業者に配布された後、一般農家で栽培され、13年の母の日には市場に並ぶ見通しだ。【高木昭午】

【関連ニュース】
カーネーション:銀座のビルに3000本展示 日本生産100年を記念
カーネーション:母の日ピンチ 日照不足で開花遅れ 金沢花市場、出荷2割減 /石川
ぐるっと秋田:横手湯沢特集 母の日に鉢植えサクランボ 湯沢の農家取り組み /秋田
香川県農業試験場野菜・花き部門 /四国
近江風物詩2010:アンスリウム(東近江市) /滋賀

【中医協】11項目の改定結果検証項目案を大筋了承−総会(医療介護CBニュース)
拳銃使用適正?男性死亡事件、警官2人を審判に(読売新聞)
事業仕分け第2弾 48法人152事業が対象 「科学技術軽視」浮き彫り(産経新聞)
平等院鳳凰堂 内部をCGで再現 極楽浄土の優美な色彩(産経新聞)
<トキ>新たに1組産卵か 3組目に 環境省が発表(毎日新聞)

所管全法人の会計を検査=千葉法相(時事通信)

 千葉景子法相は16日午前の衆院法務委員会で、法務省所管の社団法人民事法情報センターが元最高裁判事の理事長に1500万円を無利子・無担保で貸し付けていた問題を受け、同省が所管する全公益法人の会計内容を検査する考えを示した。
 法相は14日に同センターを立ち入り検査したとし、「その他の所管法人についても順次立ち入り検査を指示している」と述べた。理事長が借りた1500万円は、15日に全額返済させたと説明した。民主党の竹田光明氏への答弁。 

【関連ニュース】
今度は裁判官月給一覧表=阿久根市長、自身のブログに「おカネ持ちが判決」
無担保で1500万円貸し付け=法務省所管法人、理事長に
日航、経営の法令違反調査委を発足
「気負わず、職責全う」=白木新判事が就任会見
「身が引き締まる思い」=横田新判事が会見

運転士「快速と錯覚」駅300メートル過ぎ急制動 JR奈良線(産経新聞)
<鴻臚館跡事務所火災>連続放火の疑い 付近で5件の不審火(毎日新聞)
<雑記帳>夕張頑張れ…GLAYのTERUさんらプレゼント(毎日新聞)
<社民党>民主党の強行採決に異論 幹部会で慎重審議求める(毎日新聞)
八ッ場ダムPR施設、中止宣言で来館者4・6倍(読売新聞)

発見の3遺体は不明経営男性ら 長野県警確認 (産経新聞)

 愛知県西尾市の資材置き場で男女3人の遺体が見つかった事件で、長野県警は15日、遺体を3月下旬から行方不明になっていた長野市真島町真島、建設業、金文夫さん(62)と長男の建設業、良亮さん(30)、良亮さんの内縁の妻で自営業、楠見有紀子さん(26)と確認した。県警は司法解剖し死因を調べる。

 県警が死体遺棄容疑で逮捕した会社員、伊藤和史容疑者(31)と同、松原智浩容疑者(39)=いずれも長野市真島町真島=ら4人のうち、3人は金さんの会社の社員。

 捜査関係者によると、金さんは、10日に沖縄県出身の宮城浩法さん(37)の遺体が見つかった長野市の貸倉庫の借り主。3月下旬から行方不明になり、親族が長野南署に捜索願を出していた。

<器物損壊>レクサス2店のガラス割られる 名古屋(毎日新聞)
<岡田外相>核持ち込み密約 横須賀市長に直接謝罪(毎日新聞)
中国が拘束・収監、薬物犯罪の日本人30人(読売新聞)
介護保険10年 大阪府では要支援・要介護は3倍増に(産経新聞)
悠仁さま お茶の水女子大付属幼稚園へご入園(産経新聞)

<普天間問題>徳之島の3町長、「断固反対」強調(毎日新聞)

前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。